学園ブログ

東京女子学園が、様々なメディアで特集されています!

挑戦と前進をする女子教育!
東京女子学園は、ますます充実した教育を展開していきます。

各メディアで東京女子学園が紹介されました。
是非ご一読ください!

 

★首都圏模試センター 特集
 「地球思考で、世界で活躍できる女性を育成」
 https://www.syutoken-mosi.co.jp/school/entry/detail000242.php#QMXN53Z.facebook_share_original_count

 

★私立学校研究ホンマノオト
 「突き抜ける女子校計画着々」
 http://pschool.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-3b4e.html

 

 「ついに日本のグローバル幻想を突き抜ける女子校に(1)」
 http://pschool.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-c0ea.html#more

 

 「ついに日本のグローバル幻想を突き抜ける女子校に(2)
  偏差値50の生徒が女子校を選ぶなら東京女子学園!6年後大きく成長する。」
 http://pschool.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-e333.html#more

 

★7月中学・学校説明会 体験入学 の詳細は、こちら!
 7/15(土) 集まれ!未来からの留学生!
 http://www.tokyo-joshi.ac.jp/taiken.html


2017年6月17日 (土) | 学園ブログ | 固定リンク

2018年度 帰国生入試要項(編入も含む)

2018年度 帰国生入試要項のダウンロードはこちら↓

中学校     「2018kikokusei.j.pdf」をダウンロード

高等学校   「2018.kikokusei.s.pdf」をダウンロード

ご不明な点は、学校 03-3451-0912 または 

メール  gakuen@tokyo-joshi.ac.jp (件名に「帰国生入試問い合わせ」と記入してください)

でお問い合わせください。

2018kikokuseij_12018kikokuseis_1





2017年6月 9日 (金) | 学園ブログ | 固定リンク

箏曲部、品川区三曲協会の演奏会に参加!

2017年6月4日(日)、箏曲部員は大井町きゅりあん小ホールで行われた品川区三曲協会演奏会に出演させていただきました。

三曲とは、箏、三味線、尺八の合奏のことです。

邦楽家の先生方とそのお弟子さんで、毎年6月に行われている演奏会です。

箏曲部員も毎年出演させていただき、邦楽の舞台を体験し、大変勉強になります。

部員のご家族の方、箏曲部卒業生、たくさんの方に演奏を聴いていただきました。ありがとうございました。


2017年6月 7日 (水) | 学園ブログ | 固定リンク

カルチャースクール(ゆかた着付け教室)のご案内

Photo       カルチャースクール(ゆかた着付け教室)のご案内

 初夏の候、会員の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。6月のカルチャースクールを下記の通り、ご案内致します。
皆様お誘いあわせの上、お気軽にご参加下さいますようにお願い申し上げます。


       
         【 ゆかた着付け教室 】

 今年の花火大会やお祭りにゆかたを着てお出かけは如何でしょう?
高一海外研修に参加予定の方は、現地でのプログラムにゆかたでの参加行事もございますので、是非この機会をご活用下さい。
親子での参加も大歓迎です。 
Photo_2
               

開催日 
平成29年6月24日(土)
時 
間  午後3時00分~午後5時終了予定
(シアトル研修会の後に開始いたします。)
場 
所  東京女子学園 B館 8階    中ホール
参加費 
無料
持ち物 
ゆかた ・ 風呂敷 ・ ひも 2本 ・ 帯 ・ タオル
         コーリンベルト ・ 肌じゅばん
         (タンクトップとスパッツなどでもOK)
         
※ロングヘアーの方は、髪止めをご用意下さい。

申し込み締め切り・・・
6月14日(水)  

申込方法   申込書にご記入の上、締め切り日迄に
        FAX 又は担任の先生へご提出下さい。
             
        FAX   03-3451-0902 (東京女子学園事務室)
        申込書 「29.pdf」をダウンロード

 

        鶯鳴会のページからもお申し込み頂けます。
        メール 
gakuen@tokyo-joshi.ac.jp

※メールで申し込みの際は件名に「ゆかた着付け教室申込の件」とご記入いただき、
  生徒氏名、
参加者氏名、電話番号を明記して送信してください。  


2017年6月 3日 (土) | 学園ブログ | 固定リンク

東京のど真ん中で思いっきり!~2017.05.24 体育祭~

 

2017年5月24日(水)、芝公園野球場にて体育祭が開催されました。


Dsc_1018 Dsc_0986 Dsc_1102
大白熱! みんなでひとつに 高3ラストステージ


天気は、とても過ごしやすい陽気でした。

開会式では各クラスの応援旗を先頭に入場行進があり、実行委員たちのダンスパフォーマンスで、会場は一気に盛り上がりました。

競技は、中学1年から高校3年生まで紅白に分かれて競い合いました。

リレーや障害物競走、むかで競争などの競技種目や、各学年のダンス、紅白の応援合戦、高校3年生によるお楽しみの「仮装レース」がありました。

準備から片付けまで生徒が中心となって作り上げていくことにより、学年を超えた全校生徒の絆を深めることができました。

保護者の皆様には準備や片づけなどにお力添えをいただき、心より感謝申しあげます。



2017年5月24日 (水) | 学園ブログ | 固定リンク

卒業生と記者体験!~2017.04.28 読売新聞社で中3校外学習~

P1050039 P10500411 Dscn74261
読者の立場になって 質問を考える 新聞の仕組みを学ぶ


中学3年生は、読売新聞社へ見学に行きました。

読売新聞社では、記者の仕事、新聞の製作過程から家庭に届くまでのビデオや編集局見学、模擬記者体験など読売新聞社の業務の一端を知ることができました。

当日は読売新聞社で勤務している本校の卒業生が顔を出してくれ、かわいい後輩のためにお手伝いをしてくれました。


2017年5月12日 (金) | 学園ブログ | 固定リンク

世界遺産に触れる ~2017.04.28 中2校外学習~

Dsc_0057 Dsc_0495 Dsc_0044
自分の目で確かめる 積極的に質問する 上野精養軒でランチ


4月28日(金)、中学2年生は上野にて校外学習を行いました。

世界遺産登録で話題となった国立西洋美術館や、国立科学博物館を訪問し、教員の作成したワークシートに従って展示を見学し、見識を深めました。

昼食は上野精養軒にていただき、後に上野恩賜公園内を散策しました。

新年度が始まってちょうど一か月の節目でしたが、学年・クラス共々親睦を深める良い機会となりました。


2017年5月12日 (金) | 学園ブログ | 固定リンク

家庭科授業も本格派!東京女子学園のフードデザイン


「フードデザイン」は毎年人気の授業です。

調理実習を通して調理の技術は基より、理論と食文化について体系的に学ぶ教科です。
まさにアクティブラーニングの原点です!

 

第1回は春の季節に因んだ「たけのこ」を中心とした献立の実習でした。

たけのこの扱い方やさくら飯についても学びました。

初めて作ったたけのこご飯は好評のうちに完食となりました。
次回の実習が楽しみです。



〜高校3年生Ⅲ群選択「フードデザイン」〜

今回のメニューは
「竹の子ご飯、若竹汁、鶏のくわ焼き」

Dsc_2845
Dsc_2848 Dsc_2854
うまく炊けたかな? お腹がなりそう!美味しそう! 料理女子ってステキ

2017年4月27日 (木) | 学園ブログ | 固定リンク

歴史から、あなたは何を考え、感じますか?~東京女子学園の21世紀型社会科教育~

***** ***** ***** ***** ***** *****

Q. これからの時代を生き抜く女性を育てていくために、
   今、学校教育で展開すべき社会科の授業とは、
   どのようなものなのでしょうか


***** ***** ***** ***** ***** *****


 「世界とつながる女性」を育てるために、東京女子学園≪地球思考委員会≫は、建学の精神・教育理念を包括した『思考コード』を作成しました。この『思考コード』を教師と生徒が共有することで、より充実したアクティブな授業が展開されます。


Photo

 

日本史(高校1年)の最初の授業で、他の教科に先駆けて『思考コード』を利用した授業を展開しました。授業のテーマは『「歴史」から感じるイメージを考えよう!』というものです。

 

以下の5つの質問を軸に展開します。

Ⅰ (各自で思考)think

 「歴史」ということばから感じるイメージを書き出しましょう。

  ⇒Ⅰの段階は個人作業なので、イメージが浮かびにくい生徒もいたため、「単語で、思いついたことを書きましょう」とアドバイスをしました。

  <生徒の記述>

   偉人 伝統 物事の積み重ね 未来に生きるヒント 覚えることが難しい 

 

Ⅱ (2人のペアで思考) pair

となりの人と自分が感じたイメージを話し合おう。

 ⇒お互いが思いついたイメージを話し合う中で、新しい気づきに感動する生徒たちがたくさんいました。

 

Ⅲ (4人グループで思考) share

日常で歴史に触れる場面を考えてみよう。

 ⇒4人で真剣に話し合い、お互いの考え方や思考方法を知ることで、今まで考えていなかった「歴史」のイメージをふくらませ、考えを深めました。

<会話の内容>
お墓参りに行く 年中行事に触れる 
大河ドラマを見る 祖父母と話す

歴史の授業を受ける 寺社をめぐる 修学旅行に行く

 

Ⅳ (新しい4人グループで思考) =さらにshare 

日常生活の中で歴史に触れる必要性を考えてみよう。

 ⇒ここまでの議論をもとに、新しいグループで議論しながら、さらに違った考えに触れることで思考が広がり、深まります。

  <会話の内容>
  過ちを繰り返さないため。テスト勉強をして高得点をとるため。
  昔の人の技術を学ぶため。日本文化を知り海外で恥じないため。

  今を生きるため。

 

Ⅴ (まとめ) = presentation

Ⅰ~Ⅳをやり終えたのち、『思考コード』の中のどの位置にいるかを考えよう。

Dsc_0449 Img_7375_2 Dsc_0458
まずは自分で考えて グループで分かち合い 全体で学びを深めていく



【授業担当者より】(社会科教諭 
M.K.

最後の質問で『思考コード』の意味とこれからの学習においての重要性を実感してもらいました。

授業の感想の中に「話し合う中で、もっと他の人の意見を知りたくなり、今までの自分を考え直すきっかけになった」というものもありました。

 この授業の目標・ゴールは、歴史の具体的イメージをふくらませることと、『思考コード』と授業の結びつきを実際に理解してもらうことです。授業を終えて、生徒たちは充分な理解を示してくれました。今後も様々な場面で、『思考コード』を利用した授業展開を行います。また、小学生の体験学習やアクティブラーニング授業体験学習でも行います。今後の社会科授業に、ご注目ください!

 


2017年4月21日 (金) | 学園ブログ | 固定リンク

大変なる名誉。東女茶道部、江戸千家の家元主催のお茶会に参加!@護国寺


「一生に一度経験できるか、できないか…すごく名誉なこと」

2017年4月2日(日)、東京女子学園の茶道部は、江戸千家の家元主催のお茶会に参加させていただきました。


1491133008752 1491465634874 Dsc_0568
緊張のお茶会の様子 初代校長・絢子先生の
手作り茶杓
名誉ある参加でした

実際にお茶会に参加した生徒の感想文です!

【生徒の感想① 高校3年 M.I.】
会場は護国寺というところで重要文化財にもなっている建物だそうです。滅多に経験出来ない貴重なお誘いだったので新高三の私たちだけでなく顧問の先生、後輩たちも不安でいっぱいでした。

やはり普段の練習だけでは足りないということで春休み中の3月30、31日に特別集中練習を行いました。中学生はお運びだけ、高校生はお点前とお運びと役割を分けて参加することになっていたので、高校生の不安や緊張は中学生の皆よりも大きかったのではないかと思います。

さて、本番当日は8時集合という通常の登校時刻よりも早めの集合でした。皆、表情がいつもより固く少し緊張しているようでした。会場に入ると殆どの方はお着物を着ていらして、いかにもお茶人という感じでした。その後、私たちは控え室に通され、午前組はお点前を行い午後組は控え室で待機をしていました。私は午後組だったので主に午後組の様子を伝えたいと思います。まず私たちはグループを二つに分けてから他のお茶会の席に向かいました。控え室に待機するグループ、お茶会に行くグループの二つです。待機するグループには控え室にいらっしゃるお茶人の方々の接待を担当していただきました。私を含め他の皆は牡丹の間という席に入りました。正客の方が有名な方だったそうなのですが、なんと後輩の一人はその方のお隣に座っていました!ちなみに私もその後輩のすぐ隣に座っていたので緊張のあまりお茶をいただく時に手が震えてしまいました。

お茶はとてもきめ細やかな泡が立っており、表現し難いのですがとてもクリーミーで苦味がなく美味しかったです。さすがお茶人の方々が点てたお茶という感じでした。勿論お菓子もとても美味しかったです。午後になり、私たち午後グループのお点前のシフトが回り始めました。同学年の子は「正座が続くかどうか分からない」とずっと不安がっていましたが本番では足が痺れることなく大成功でした。終わった瞬間、その子は嬉し涙を流していたのが印象に残っています。私はというと二回お茶を点てたのですが一度目の席は最後らへんでミスをしてしまい、悔しさが残ってしまいました。しかし二度目の席では一切ミスをせず、尚且つ正客の方と次客の方に「美味しいですよ」と自分が点てたお茶を褒められました。それまで緊張に包まれていた身体はその言葉で強ばりがとけ、落ち着いてお点前をすることが出来ました。

振り返ってみれば大きなミスをすることなく一日を終えることが出来たので本当に良かったと思います。お手伝いをして下さいましたお茶の先生方、顧問の先生、そして部員の皆さん本当にありがとうございました!

この一日で部員の絆は少しでも深まったと思うので、9月の梅香祭も皆と協力して成功させたいと思います。練習日を入れて三日間、お疲れ様でした!

【生徒の感想② 高校3年 R.K.】
お点前の不安や脚が痺れることの不安がありましたが、なんとか失敗せずに乗り越えることが出来ました。私は、人前に出ることがとても苦手で、小学校の時の自己紹介等で気を失うぐらいでした。そのようなことがあったので、本番は正直頭が真っ白になり次のお点前が始まるまでの数分で周りの後輩達を困らせてしまいました。

しかし、がちがちの緊張していたものの、いざやってみると、普段やっているお点前の時間が短く感じたり、脚が痺れなかったりしてあっという間に、私のお点前が成功して終わっていました。しっかりと練習をしたことが成功につながったのだと感じました。

このような素晴らしい行事に加われたことを、未来の自分に繋げられたらいいなと思います。

【生徒の感想③ 高校3年 A.K.】
今回、私たちは初めて学校外でのお茶会に参加しました。はじめはお茶会について私たちに知らされていたのは「一生に一度経験できるか、できないか…ですごく名誉な事」だということだけで、当日お茶室に入るまで、どのようなお茶会になるのか、またお茶会が私たちにとってどれほど貴重な経験になるのか、誰一人としてわからず、私たちは楽しみである反面、不安な気持ちもありました。

私たちは昨年の10月からお茶会の準備を始め、数少ない時間の中で一生懸命お稽古に励みました。お点前はお稽古を重ねれば重ねるほど上達するもので、最後のお稽古の日には各々がお点前を部員に披露することができるようになりました。私は部員たちの茶道に向き合う姿勢を見て、刺激を受けることができました。お点前だけでなく自分自身も成長できなのではないかと思います。

お茶会は私たちより経験も知識も豊富なお客様をお迎えするにあたって、普段よりも多くのことに気配りが必要で、とても緊張するものでした。しかし、一席一席終えた後、お点前やお運びをした部員の顔には、失敗したという曇った表情ではなく、成功したという嬉しそうな表情があり、中には「いつもできなかったところができた。」「今までで一番うまくいった。」という声もありました。多くのお客様を前にお茶会をやりとげたことは、私たちにとって本当に良い経験になったと思います。私たちにこのような機会を与えてくださり、支えてくださった方々に部員一同とても感謝しています。ありがとうございました。

また、お茶席に卒業生であるというお客様にもお目にかかることができました。「まさか母校東京女子学園の茶道部がこのような大きなお茶会でお席をもつことができるなんて!!」と、おおいに感激されていました。

改めて東京女子学園の歴史を感じました。また、このお茶席では初代校長棚橋絢子先生の手作り茶杓を使わせていただき、お点前させていただきました。


2017年4月11日 (火) | 学園ブログ | 固定リンク

東京女子学園中学校・高等学校 〒108-0014 東京都港区芝4丁目1-30 TEL03-3451-0912  FAX03-3451-0902