« 大変なる名誉。東女茶道部、江戸千家の家元主催のお茶会に参加!@護国寺 | トップページ


歴史から、あなたは何を考え、感じますか?~東京女子学園の21世紀型社会科教育~

***** ***** ***** ***** ***** *****

Q. これからの時代を生き抜く女性を育てていくために、
   今、学校教育で展開すべき社会科の授業とは、
   どのようなものなのでしょうか


***** ***** ***** ***** ***** *****


 「世界とつながる女性」を育てるために、東京女子学園≪地球思考委員会≫は、建学の精神・教育理念を包括した『思考コード』を作成しました。この『思考コード』を教師と生徒が共有することで、より充実したアクティブな授業が展開されます。


Photo

 

日本史(高校1年)の最初の授業で、他の教科に先駆けて『思考コード』を利用した授業を展開しました。授業のテーマは『「歴史」から感じるイメージを考えよう!』というものです。

 

以下の5つの質問を軸に展開します。

Ⅰ (各自で思考)think

 「歴史」ということばから感じるイメージを書き出しましょう。

  ⇒Ⅰの段階は個人作業なので、イメージが浮かびにくい生徒もいたため、「単語で、思いついたことを書きましょう」とアドバイスをしました。

  <生徒の記述>

   偉人 伝統 物事の積み重ね 未来に生きるヒント 覚えることが難しい 

 

Ⅱ (2人のペアで思考) pair

となりの人と自分が感じたイメージを話し合おう。

 ⇒お互いが思いついたイメージを話し合う中で、新しい気づきに感動する生徒たちがたくさんいました。

 

Ⅲ (4人グループで思考) share

日常で歴史に触れる場面を考えてみよう。

 ⇒4人で真剣に話し合い、お互いの考え方や思考方法を知ることで、今まで考えていなかった「歴史」のイメージをふくらませ、考えを深めました。

<会話の内容>
お墓参りに行く 年中行事に触れる 
大河ドラマを見る 祖父母と話す

歴史の授業を受ける 寺社をめぐる 修学旅行に行く

 

Ⅳ (新しい4人グループで思考) =さらにshare 

日常生活の中で歴史に触れる必要性を考えてみよう。

 ⇒ここまでの議論をもとに、新しいグループで議論しながら、さらに違った考えに触れることで思考が広がり、深まります。

  <会話の内容>
  過ちを繰り返さないため。テスト勉強をして高得点をとるため。
  昔の人の技術を学ぶため。日本文化を知り海外で恥じないため。

  今を生きるため。

 

Ⅴ (まとめ) = presentation

Ⅰ~Ⅳをやり終えたのち、『思考コード』の中のどの位置にいるかを考えよう。

Dsc_0449 Img_7375_2 Dsc_0458
まずは自分で考えて グループで分かち合い 全体で学びを深めていく



【授業担当者より】(社会科教諭 
M.K.

最後の質問で『思考コード』の意味とこれからの学習においての重要性を実感してもらいました。

授業の感想の中に「話し合う中で、もっと他の人の意見を知りたくなり、今までの自分を考え直すきっかけになった」というものもありました。

 この授業の目標・ゴールは、歴史の具体的イメージをふくらませることと、『思考コード』と授業の結びつきを実際に理解してもらうことです。授業を終えて、生徒たちは充分な理解を示してくれました。今後も様々な場面で、『思考コード』を利用した授業展開を行います。また、小学生の体験学習やアクティブラーニング授業体験学習でも行います。今後の社会科授業に、ご注目ください!

 


2017年4月21日 (金) | 学園ブログ | 固定リンク

東京女子学園中学校・高等学校 〒108-0014 東京都港区芝4丁目1-30 TEL03-3451-0912  FAX03-3451-0902