コンコーディア高校とコラボレーション!

12月6日(火)に、本校の海外研修『オーストラリア3か月留学』でお世話になっているオーストラリア・アデレードのコンコーディア・カレッジ(Concordia College)からスクールバンドの皆さんが来校し、本校でスペシャルコンサートを開いてくださいました。

本校到着後、まずは生徒とランチをしながら交流をしました。中には、コンコーディアのバディ(いつもペアで一緒に行動してくれた友だち)と再会し感激している生徒達も多数!日本のお菓子やおにぎりを食べながら”Oisii”(おいしい)”Umai”(うまい) "Iine"(いいね)という言葉が飛び交っていました。

Dsc_0414_2 Dsc_0419_2 Dsc_0442_2
ようこそ東京女子学園へ ランチ交流 楽しい時間を
過ごせました!



その後、"Concordia College Special Concert"は大盛況で、絶えず歓声が飛び交う素敵な時間でした。エフェクターを使いながら、いろいろな楽器を持ち替えて即興の歌(「東京女子学園」の言葉を入れた)を演奏するパフォーマンスがあり、最後まで圧倒される演奏に、生徒達は釘付け。


最後には、アンコールで本校吹奏楽部とジョイント演奏をしました!曲目は「八木節」。合同で練習できるのは直前のリハーサル30分のみでしたが、あっという間に素晴らしい合奏になりました!


Dsc_0480 Dsc_0506 Dsc_0516
スペシャルコンサート 即興の演奏 合唱
Dsc_0529 Dsc_0545 Dsc_0525
ジョイント演奏 大成功に幕を閉じました 花束贈呈


英語で合奏するという、本校生徒にとっては初めての体験でしたが、言語を越えたコミュニケーションを通して、またひとつ成長してくれたと思います。


大成功した演奏の成果は、ぜひ下記のfacebookリンクでご覧ください!
(アンコールの八木節は11分過ぎからです。リンク先の再生ボタンを押してください。)

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=582268678622964&id=466509583532208

最後のお別れで、感極まって泣いている生徒もいました。
Dsc_0592This wonderful friendship between Concordia and Tokyo Joshi goes on forever.
Thank you for coming to Tokyo Joshi. We're looking forward to meeting you again in Australia!

☆東京女子早わかりページ!「東女を知りたい」☆
http://www.tokyo-joshi.ac.jp/special/index.html

☆12/18
中学入試対策勉強会・学校説明会開催します!☆

http://www.tokyo-joshi.ac.jp/taiken.html


|

中学2年 合唱発表会

12月3日(土)、中学2年生による「合唱発表会」が開催されました。

教科書から選んだ曲を、先生や保護者の方々が見守る中、生徒達は精一杯力強く歌い上げました。学年全員が一体となって表現された曲は、心の奥に響く素晴らしいものでした。

Img_5962 Img_5964 Img_5969
合唱発表会の様子 学年一体となって表現 リコーダー合奏と無伴奏合唱

|

「視覚化」「映像化」する 小説読解!国語科アクティブラーニング

12月2日(金)高校3年生国語の授業にて、小説読解のアクティブラーニングを行った。事前学習として、志賀直哉の「城の崎にて」の執筆背景を説明しておいた。通読はしていない。

当日28名のクラスを5班に分け、次の意味段落の読解をそれぞれ指示した。
1、城の崎温泉で自分の死を思うシーン
2、蜂の生と死の対比のシーン
3、ねずみが死を前にして動騒を起こすシーン
4、桑の葉が風にヒラヒラするシーン
5、イモリが偶然に死んでしまうシーン


そして、「どこでもシート」に
1、絵を描く(色を付ける) 
2、キーワードを書く 
3、作画にあたっての工夫を書く
4、発表者を決める
という課題で25分与え、ディスカッションと作画をした。


意図:常々、文章特に小説は「視覚化」「映像化」することが大切と言ってきた。
それを実際に確かめようということだ。描くことで作者の執筆の意図・文章構成が明らかになることを実感してもらいたいという狙いである。

Dsc_0190 Dsc_0203 Dsc_0217
各班で読解 絵を描く(視覚化) 各班で話し合う
Dsc_0302 Dsc_0304 Dsc_0312
シートに書き込む 様々な工夫 キーワードを書く


1班から順に説明させ、その絵とメモの要点を黒板の端にまとめた。
1、死への親しみ、寒色系(青)の景色=死の色
2、生=動 死=静 の対比 
3、生の前の苦しみ、ねずみの動騒に自分の事故の時の様子を重ねる
  
(ねずみの顔と直哉の顔を同じ顔に書いた生徒の工夫は素晴らしかった)
4、桑の葉の前にたたずむ直哉、青の景色 (1のシーンとの類似)
5、偶然の死  生と死は「両極ではない」という結論

Dsc_0335 Dsc_0343 Dsc_0348
各班の説明 青の景色とは… まとめ


Dsc_0351教室で一度も通読せずにこれだけのこと(一度死にかかった男が、それを契機に小動物の死などを通して死とは何か、生とは何かを考えて行く)を生徒は読み取ったのである。絵を描くことで、物語の細部にまで目が届き、正確に物語を把握したことが分かる。

最後に、講評として、発表・作画最も難しかったのが4班であることをつげた。死の色である青の世界の中で、ヒラヒラと動く=生、そして唐突に動かなくなる=死という絵柄を完成させたことが素晴らしく、この暗示が、5段落の結論につながっていく伏線なのだとまとめた。

蛇足として、直哉自身はこの緻密な段落構成を意図的に行ったということはなく、見たままを、経験したままを書いたということ説明した。

Dsc_0318「なぜ、風がないのに葉がヒラヒラして、風がやむと動きを止めた」と、生前の直哉に高校生が訊ねた書簡に対する答、「だってそうだったから」という言葉を紹介した。
意図的でなく、これだけの文章構成ができるのが「小説の神様」と言われる志賀直哉なのだということを授業を通して実感してくれたと思う。(国語科 C.I)


|

観劇会のご案内 鶯鳴会

            観劇会のご案内 

Photo会員の皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。昨年度企画いたしました
「劇団四季 アラジン」が大変好評でしたので今年度も同様の企画でご案内いたします。

参加ご希望の方は、〆切厳守の上申込書を担任の先生にご提出下さい。申込者が多数の場合は抽選とし、結果は当選者へのご連絡とさせていただきます。
なお、
チケットは1家族2枚とさせていただきます。今回も多数の応募があると
思われますので早めに申込書のご提出をお願いいたします。

チケットの受取日は平成29年1月14日(土)「父母と先生方の新年懇親会」の受付にて代金と引き換えにお渡し致します。親睦会に参加されない方は1月21日(土)または1月28日(土)両日とも11時~13時に東京女子学園事務所前でお引渡し致します。1月28日がお渡し最終日となりますのでよろしくお願いします。


                        


◆ 演 目    【劇団四季】  『アラジン』

◆ 日 時    平成29年3月28日(火)開演 13時30分
       劇団四季 四季会場 海


◆ 代 金    1枚 8,000円 (通常11,000円)           
          ※差額は鶯鳴会費より負担致します。                     


◆ 受付締切日   
 12月9日 (金)

◆ 申込方法    下記申し込み書にご記入の上、
          FAXまたは、担任の先生へご提出ください。
          FAX番号 03-3451-0902 (東京女子学園事務所)
          ファイル 「Aladdin2016.doc」をダウンロード


|

東女卓球部

2016卓球部は、水曜日・金曜日の週2回活動しています。
少人数のクラブですが、部員同士はとても仲が良く、楽しく、そして日々技術を向上させるために活動しています。

いつでも部員を募集しており、道具も揃っているので、ラケットを握ったことがない初心者も気軽に参加することが可能です。一緒に楽しくラリーをしましょう!

梅香祭では毎年恒例の卓球部が主催する無料卓球場にたくさんの方にご来場いただきました。中には何度も足を運んで下さる方もいて、常に満員御礼で賑わっていました。誠にありがとうございました。来年も開催を予定しておりますので、ご来場の際は是非、遊びに来てください。部員一同楽しみに待っています。


|

新年懇親会のご案内

Photo          父母と先生方の新年懇親会のご案内


 
師走の候、皆様方には何かとご多忙のことと存じます。
恒例の新年懇親会の日程が決まりましたのでご案内申し上げます。
鶯鳴会会員の多くの皆様にご参加頂き、相互に親睦を深め、より一層の意思疎通と東京女子学園の共栄を図りたいと考えております。

P1120999 当日は学園理事長・校長先生をはじめ諸先生方も多数ご参加の予定でございます。子供たちの学園の様子を聞けるよい機会になっております。ビンゴゲーム等も行い、楽しいひと時を過ごしたいと存じます。

 この機会に、お誘い合わせの上ご参加くださいますようお願い致します。会員の皆様のご参加をお待ちしております。

 なお、昨年好評につき今回も和室での立食となっておりますので、お履き物等留意してご参加いただければ幸いです。
                    
       
                      
開   催   日 
平成29年1月14日(土) 

時     間   
受付 13:30~
開宴 14:00~16:00

場      所   
東京グランドホテル (三田線 芝公園駅 A-1 出口徒歩2分)
港区芝2丁目5番2号
TEL 03-3456-2222
 「欅(けやき)の間」 和室                   

参   加   費

5,000円(当日集金)
                          
申し込み締め切り・・・
12月9日(金)                                              

申し込み書にご記入の上、締め切り日ま でに担任の先生
または、事務室へご提出下さい。

(FAX 03-3451-0902 東京女子学園事務室)
申込書データ  「shinnenkai_1.14.doc」をダウンロード



 
  


|

中学1年生が英会話のオリジナル動画作成に挑戦!

英語のテキストの題材に演出も加えて、英語での会話シーンを動画作成しました。

電話、道案内、体調表現の3つのパターンから好きなシーンを選び、テキストの会話に自ら新しい英文を付け加えて、オリジナルの会話文を作成して動画撮影を行いました。

授業終わりには、全員で動画を観覧しました。笑い声、感激する声、圧倒されている顔と自然と拍手を送りたくなってしまうそんな雰囲気が漂っていた教室でした。

CMまで含めて作成する生徒、2人での会話を4人の会話にアレンジする生徒。個性溢れる動画の出来栄え、教室の中にある限られたもので工夫を凝らして会話の場面を作り上げて行く生徒たち。創造力豊かな生徒達のこれからの成長が楽しみです。



Img_1435 Img_1438 Img_1440
オリジナル英作文を作成 動画撮影風景 様々な作品が
出来上がりました!

|

中学球技大会2016

Photo_311月16日(水)、中学球技大会が行われました。種目は高校生と違ってソフトバレーのみ。声がかれるほどの声援に、一人ひとりが実力以上のチカラが出せるよう頑張っていました。

優勝は中学3年生!3年生は、中学校最後の球技大会ということで、どのチームもよく練習して臨みました。ラリーが続く試合はドキドキしながらも、観ていてとても楽しい試合でした。中学1年生は初めての球技大会だったので盛り上がりもひとしおだったようです。負けてしまったチームも勝ったチームも、精いっぱい戦って思い出に残る球技大会となりました。

Photo_4 Photo_5 Photo_6
選手宣誓 試合の様子 みんな頑張りました!
Photo_7 Photo_8 Dsc_0987
優勝に向けて円陣 最終試合 優勝中学3年生

|

全校朝礼&表彰

本日11月21日(月)、全校朝礼&表彰がありました。

Dsc_0141●第5回 オープントーナメント 群馬県空手道選手権大会 
組手 女子フルコンタクトの部 優勝


●第5回 オープントーナメント 群馬県空手道選手権大会 
技能賞 


高校1年4組 K.Kさん


●実用英語技能検定
4級 2名、3級 5名、準2級 18名、準1級 2名


●ベネッセ・駿台共催「記述模試」 優秀者表彰 代表者

おめでとうございます!


Dsc_0159 Dsc_0160 Dsc_0162
群馬県空手道選手権大会 実用英語技能検定 ベネッセ・駿台模試

|

学園の歴史を伺う

11月11日(金)、東京女子学園の貴重な歴史をご存じの卒業生 開保津さんが来校されました。

御年94歳の凛とした姿は清々しさを感じさせます。

編集部のインタビューの下、東京女子学園の歴史年表に沿って、絢子先生の授業の様子など当時の先生方や授業、各行事の様子などを一つずつにていねいにお話いただきました。

また、茶道部のお稽古に役立ててほしいとのお心遣いから、ご自宅所蔵の袱紗(ふくさ)の寄付がありました。来年の干支「酉」の袱紗もいただきました。ありがとうございました。

貴重なお話の内容は年史の編集に活用させていただく予定です。


Dsc_2591 Photo Dsc_0026
学園の歴史を
お話しくださいました。
寄付された袱紗(ふくさ) 袱紗の美しさに感動
(茶道部)

|

東京女子学園中学校・高等学校 〒108-0014 東京都港区芝4丁目1-30 TEL03-3451-0912  FAX03-3451-0902